we are the ホー娘。です!


by boroboroad

働くB子の場合。

脇目もふらずに働いていると、暇でごろごろしていたときのような罪悪感がナイ。
それはとても有意義で、やりがいがあり、日々人として成長しているという実感を生む。
「あいつは逃げた、でも俺たちは戦っている。」という上司の言葉に、「そうですね」と答えるとき、脳裏には去っていった仲間のやつれた顔が浮かんでいる。
ここでがんばり続けなくては人として駄目になる。社会から相手にされなくなる。自分のために。社会のために、最後までやりきらなきゃ。

でも最後ってどこだろう?

早朝8時から22時までの毎日。帰ったらばたんと眠りまた朝がきて、出かけていく。遊びたいなら、3時間睡眠を覚悟して。家事や炊事までできないよ。どうやってみんなこなしているの?
もちろん、会社が悪いわけじゃない。上司が悪いわけじゃない。私たちは互いにしがみつきながら、この社会の中で必死に助け合って支え合っている。


ここから抜け出ることは、働く仲間を見捨てることになる?逃げ出すことになる?

もしかしたら、逆かも。

このループから降りること。
それは私だけじゃなく、ほかの誰かも楽になったり、楽しくなったりするコトなのかも。
考えてみれば上の世代の人たちが大事にしてきたブランドの洋服もマイホームも原発も全然欲しいと思わないし。
欲しいのは貧乏でも楽しい生活。思いだし笑いしちゃうようなマヌケなエピソードや世界と繋がる想像力。

だとしたら、おのずと生き方も変わってくるのが当然だよね、、、?

さあて、どんな世界をつくろう!

c0197450_23124076.jpg



無人島にしか見えません!!!
★★中央分離帯サミット★★
2010・05・02
@ASK駅前 中央分離帯
お昼から夕方まで

[PR]
by boroboroad | 2010-04-27 22:48